住宅ローンの借り換え

banner

有利な条件のローンに換える

住宅ローンの借り換えとは、どんなものか考えてみましょう。
分りやすく住宅ローンの借り換えをいうと、今利用している住宅ローンを新しく組み直すことになります。
ローン借り入れを見直すころで、今よりも支払いなど有利な条件のローンに換えることを意味します。
ですから少しでも有利な条件のローンに変更できなければ意味がありません。
要するに、毎月の支払い額を減らしたり、返済総額を減らしたり、金利の変動する弱点を避けることが目的となります。

具体的なローンの借り換えでは、最初に、マイホーム購入のためにローン利用することで金融機関からお金を借入れます。
月々金融機関に返済をしていきながら、仮にローンの借り換えをすることに決めたとします。
まずは、ローンの借り換えをするためには、この金融機関に対して借りたお金を返さなければいけません。
ここでローンを借り換えする他の金融機関が先に借り入れしていた金融機関に対して返済をすることになります。
その後は、ローンの借り換えをした金融機関にお金を返済していく流れになります。


このことを「住宅ローンの借り換え」となります。
低金利の住宅ローンに借り換えることで利息が減少し、返済金額も少なくすることが可能となるのです。
また、ローンも変動金利型タイプを利用していた人が、固定金利型タイプに借り換えをしたケースは、金利が上下することによるリスクを避けることが可能になります。
ローンの中でも変動金利型タイプは金利が上昇する都度に返済総額も増額される弱点がありますから、このリスクを避けるために住宅ローンを借り換えこともあります。

ステップ返済やゆとり返済とは


過去に利用が多かったのが、ステップ返済やゆとり返済になるでしょう。
その理由には、毎月の支払い額が少なくなるからです。
そして収入が少ない状況でも意外と簡単に借り入れすることが可能です。
また、ステップ返済とゆとり返済のメリットには、最初の5年間に支払い額を少なくし、後の6年目以降は支払い額が増加するシステムにあります。
しかし、欠点として初期の5年間の支払い額が少額でも、返済総額は少ない状況ではありません。
要するに、単に返済を先に延ばしているだけに過ぎないのです。
このことで支払い能力にかける人が実際に借入をした場合に自己破産などに追い込まれる現象になりました。
そのため、既に平成12年度に廃除された制度になります。
けれど、一般の民間ローンでは未だにステップ返済に似たシステムを取り入れているところも存在しています。
もしも、住宅ローンの中でもステップ返済やゆとり返済を利用している人は、是非とも借り換えをすることをおススメします。
それは、この2つの住宅ローンが、高金利でされていることが多くあるからです。
高金利でローンを組み、単に支払いだけを先に延ばしをしているだけになります。
最近の不景気など考慮すると、先々の年収が増加する保証はどこにもありません。
むしろ、年収も減少する可能性のほうが高いのが現実でしょう。
この時代に、支払いを先に延ばしていくローンを選ぶことはかなり危険な状況です。
今現在もステップ返済やゆとり返済のローンを利用している人には、少しでも早期に住宅ローンを変更を検討したほうが賢明です。
ローンの借り換えをすることで、毎月の支払い額はだけでなく、返済総額さえも減少することが可能になるかもしれません。
http://xn--u9j1ha3n4an7ad8ch4gg4202hoz9a.jp/

https://www.hownes.com/loan/sim/
住宅ローンシミュレーション
Copyright(c) 2013 住宅ローンの借り換え All Rights Reserved.